究極の手荒れ対策は水仕事をしないこと

究極の手荒れ対策は水仕事をしないこと

今、この文章を打つ指先から血がにじみそうです。
手の甲は角質のウロコが乱れて粉を吹いたよう、指先はカサカサのトゲトゲ。
キーボードに触るのでワセリンも塗れないし…。
手洗いを頻繁にしなければならない仕事についていた時は、「この仕事でなければきっと手はきれいになる」と楽観していました。
しかし、仕事をやめて主婦になって、それは甘かったとわかりました。
主婦も水仕事をしますので、仕事をしていたときほどではないとはいえ、やはり手荒れするんですよね。
水仕事をしてすぐワセリンを塗ったらまた水を使う用事ができて…の繰り返しなんです。
仕事をしていたときに、「1回塗れば手洗い3回目までは塗りなおさなくて大丈夫です!」というハンドクリーム(クリームと名乗っていたけれどあれは明らかにクリームではなく軟膏でしたが)を勧められたことがありました。
しかし、「3回」は誇大広告だろう、というのがサンプルを使ったみんなの見解でした。
手入れをしないでキレイな手は保てないのですね。